2011年05月20日

FX取引

ここでは、FX取引において、実際にロスカット(損切り)を取り入れることの是非を検討します。

一般論では、ロスカットを設定すると勝率は下がります。理由は、最終的に勝つか負けるかが未定の時点で、その取引に負けの烙印を押すからなのです。勝率が下がるデリットを、ロスカットの損失限定効果で補うことが出来るか、または、補ってさらにお釣りが来るかが重要なのです。

FXはロスカットとは、マーケットが思惑と逆に動いた場合、当初決めた損失に達した時点で反対売買をし、損失を確定することなのです。損失の上限の決め方には、一定額とする方法や、一定率、またはテクニカル指標で決定するなど色々な方法があり、通常は、逆指値を入れることによって対応します。
ロスカットは一度に大きく負けるという被害を防ぐ意味で推奨されています。特に、中・長期投資の場合、いつの間にか損失が膨らんでいたというケースもよくありますので、これは有効な方法と言えます。
一方で、1日単位で完結するデイトレード式のシステムトレードにおいては、毎日必ず決済することがすでに時間軸におけるロスカットという意味合いがあり、ロスカットがシステムに既に構築されていると言えます。ただ、ボラティリティーが大きくなった場合、1日内での為替変動であっても、日経先225先物取引においてはレバレッジが効いているだけに、ある程度大きな金額となります。その為、1日の中でのロスカットが必要であると考える方もいると思います。

それでは、ロスカットの成否について整理します。
ロスカットが成功するのは、FXによる損失確定したことで、仮に放置したら大きくなってしまったであろう損失が限定出来た場合なのです。
一方、不成功の場合は、決めておいた損失上限に達したため損を確定したが、その後市況が戻ったケースなのです。ロスカットしなければもっと少ない損ですんでいた、または利益が出たというケースなのです。結果論としては余計なことをした形になります。1日の中で「行って来い」の値動きはよくあるので、日足の形状でお話するならば、長いヒゲが上下に出るケースなのです。
posted by fx at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。